FC2ブログ
[PR] 英会話教室がポケットに入っちゃう!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海外旅行-変圧器について INDEXへ
この記事のURLスポンサー広告 トラックバック : -
この記事へのトラックバック
トラックバックURL
http://transinfo.blog76.fc2.com/tb.php/2-01cf00ed
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

海外の電圧事情 【海外旅行-変圧器について】

日本はご存じのように「電源電圧:AC100V」。ACは交流で、電流の流れる方向が周期的に変わります。電気が波の様になっています。交流ということで周波数があり、東日本が50Hz、西日本が60Hzです(ちなみに、国内で周波数が混在するのは日本だけだそうです)。約30年前までは、周波数が違うため、引越し先によっては「同じ日本国内にもかかわらず電気製品の買い換え」なんて事態もありました。

海外に目をやると、電圧自体が異なるんですね。大体110V~240Vの間で各種電圧が採用されています。国によってバラバラ、更に国内でもバラバラという国も多数存在します。そんなわけで、100V対応に設計された日本国内販売の電気製品は使えないのです。無理に使うと煙が出る等、故障の原因になるでしょう。

日本で売られている電気製品には、海外の電圧に対応している商品もあります。
まず製品本体か、説明書で入力電圧(INPUT)を確かめてください。全世界対応タイプの製品には、「入力(電圧):AC100V~240V」と記載されています。

海外の電圧に対応していない電気製品については、変圧器が必要になります。
【海外(地域別)の電圧】
北アメリカ中南米ヨーロッパ中近東アジアオセアニアアフリカ
スポンサーサイト


海外旅行-変圧器について INDEXへ
この記事へのトラックバック
トラックバックURL
http://transinfo.blog76.fc2.com/tb.php/2-01cf00ed
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
copyright © 海外旅行-変圧器について ~海外旅行の必需品:変圧器~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。